ブログトップ
The cherry blossom front is on the march.
a0015189_19151639.jpg
花粉なんか怖くないやい・・・そう言い聞かしてね、井手町の枝垂れ桜を見に行ったのね。この地蔵禅院の枝垂れ桜は与謝野晶子も詠ったあの有名な円山公園のと姉妹桜だそうですよ。樹齢約70年と言うから姥桜ですかね。それにしてもこの桜、TVやFMで紹介されていたから、平日だというのに観光バスまで出て大変な賑わいでした。駐車場も無いのに・・・。それに大きな三脚を担いだ爺カメラマンもたくさんだったし、この枝垂れ桜全体をバックに菜の花に包まれたあなたを撮るのは、ほ〜んと大変でしたね。  地図はこちら→
[PR]
# by marilyn_20 | 2006-04-08 19:16 | 旅行
Over there of the aurora.
a0015189_14132116.jpg
あのね、「オーロラの彼方へ」原題:Frequency(周波数)という、どても好きな映画が有るんですよ。知らないですよね。1969年から30年、太陽の活発化した影響によってニューヨークで再びオーロラが見られた1999年のある夜、息子のジョン(Jim Caviezel)は父が愛用していた無線機を見つけて、スイッチを入れてみると聞き覚えのある声が聞こえてきた。幼い頃に死んだ消防士の父フランク(Dennis Quaid)だった。それは父が死ぬ前日で今なら未来を変えられるー!?と言うスリルとサスペンスも交錯するSFファンタジー映画なのです。ハラハラ、ドキドキ、何度も観ていたら1962年に逝かれた貴女が、オーロラの出現により時空を越えて・・・なんて想ってしまいます。だけどこの3月公開された「サウンド・オブ・サンダー」みたいに過去を変えてしまって人類滅亡なんてなったら本当に怖いですが。
[PR]
# by marilyn_20 | 2006-04-02 14:35 | 映画・ドラマ
A pleasant invention can produce new life.
a0015189_1323346.jpg
一昨日、底冷えの京都は雪が降ったんです。きっと桜守で知られる佐野藤右衛門さんちの垂れ桜も、随分咲きかけていたのに戸惑いを隠せなかったことでしょう。そう言えば今日から地上デジタル放送「ワンセグ」サービスが始まりましたね。このAU-W33SAは満開の桜の木の下、巨人戦だってあなたの映画だって観ることができるんですよ。April Foolなんかじゃないったら。だって晩酌しながら0:25からの松任谷由実EXPOドームライブ観ましたもん。TVの前で。(^_^;)それでね、アナログと何処が違うかというと、高速でもトンネルでもチラツキもなく綺麗な映像が観れるそうなんですよ。凄いですよね。そうそう、凄いと言えばSONYのPSPロケーションフリーベースステーションPSXに繋いだから無線LANで海外からでもネット環境さえ有れば、自宅のTVも録画した映画も観ることができるんですよ。花粉が怖くてずっと引きこもりなのにね。ねぇ、ねぇ、聞いてる〜?
[PR]
# by marilyn_20 | 2006-04-01 13:17 | 映画・ドラマ
Elegant colors which remind us of a good old age.
a0015189_1042113.jpg
古き良き時代を偲ばせる優雅な色彩の中に夢見てもあなたはやはり輝いています。小布施岩松院の「八方睨み鳳凰図」は葛飾北斎89歳の作品だそうですよ。日本つうだったあなたなら富嶽三十六景神奈川沖浪裏なんかも憶えているんじゃない?永谷園のお茶漬けなんかも好きだったりして。今は禁止になっている小布施岩松院らしいけど、何処でどう寝て観てもあなたからも見つめられている天井絵が京都に有ったなら、花粉症なんか気にせずに画狂人を装って毎日通うでしょうね。へくしょ〜ん!
[PR]
# by marilyn_20 | 2006-03-23 11:52 | アート
It appears to have been seen somewhere someday.
a0015189_1442254.jpg
いつかかどこかで見たような淡い夢の中で、あなたが妙心寺法堂の雲竜図を見上げています。その天井絵は大徳寺法堂の雲竜図と同じ狩野探幽の筆によるもので、禅寺に多く描かれている仏法護持の神将の一つなのですよ。迫力でしょう。京都には他に相国寺法堂の蟠龍図(狩野光信筆)、南禅寺法堂の雲龍図(今尾景年筆)、東福寺本堂の雲龍図(堂本印象筆)、最近のでは天龍寺法堂の雲龍図(加山又造筆)や建仁寺法堂の双龍図(小泉淳作筆)などが有名ですよ。TVで見た制作中の加山又造さんが、コンプレッサーで墨を吹き付ける技法にはちょっと驚きましたが、俵屋宗達さんの「たらし込み」という技法に比べるととても現代的で面白いと想いましたね。ところであなたはどの雲龍図が好きですか?因みに私は北海道へのバイクツーリングの際に立ち寄った日光輪王寺の鳴龍でしょうか。
[PR]
# by marilyn_20 | 2006-03-10 15:40 | 女優
A chic, impressive and everlasting trend.
a0015189_19223130.jpg
急に寒くなった先日の雪の日、奥嵯峨はそうでもないのに岩倉辺りは5センチも積雪があったそうな。愛宕颪よりも比叡颪の方が厳しいのかな?左京区から右京区に引っ越して正解だったのかな?などと考えてしまうのです。岩倉を散策したあの日、漆黒の床に映える「床紅葉」の幽玄さに興奮気味のあなたは益々日本が好きになったことでしょうね。新緑の頃の「床緑」も見てみたい、そんな想いを抱かせる岩倉実相院門跡でしたね・・・。そういえばスピルバーグ製作の映画「さゆり」に出てくる日本庭園はサンフランシスコのものだとか、あなたは行ってみたいと想いますぅ〜う?
[PR]
# by marilyn_20 | 2005-12-11 19:25 | 旅行
Profundity makes a grave atmosphere.
a0015189_15315776.jpg
どう?奥座敷から見る比叡山を借景にした「円通寺」のお庭・・・時間を忘れるでしょ。後水尾天皇の離宮跡だそうだけど、彼が各地を見て回って比叡山が一番美しく見えるこの地に創るのを決めたとか。素晴しいじゃないですか。でもねスピーカーから流れる重苦しい声の説明を聞くと、寺周辺の開発が許可されこの見事な借景の枯山水を眺められるのも後僅かだそうです。時代の流れと言われても悲しいもんですね。そうそう、庭のセンリョウ越しに紅葉を撮影したら、奇麗に撮れた1枚と同じアングルなのに大きなオーブが画面一杯に6つも写っていました。祀られている皇族方の御位牌も6つ程有ったような・・・。やはり悲しまれているんでしょうね。
[PR]
# by marilyn_20 | 2005-12-10 15:38 | 旅行
I have lost my heart to autumn.
a0015189_17533623.jpg
このまえね、あまりに天気が良いものだから、紅葉をもとめて湖東安土町の「観音正寺」に行ったのよ。このお寺は西国第三十二番札所の霊場で石段が多くしんどかったけど、その分見晴らしは最高でね、昨年開眼されたという総白檀の「丈六千手観音」は2.6mも有って迫力満点でした。実は開創千四百年を記念して三十数年ぶりに公開された秘仏の磨崖仏というのが見たくてね、いそいそ林道を通って奥之院へ。高さ3m、幅2mの石窟の奥に五体の仏像が刻まれているらしいけど、暗くてよく見えないんです。備え付けの懐中電灯を使ってもよく見えない?!仕方ないからデジカメを持った手を伸ばしてパチリ、いけないことと知りながら覗き込んでパチリ。結局、「それらしい」で諦めましたが帰ってPCで見てもよく解らなかったのはとても残念です。でも数枚撮った写真の中に1枚だけオーブがはっきり写っていたのは嬉しかったな〜。
[PR]
# by marilyn_20 | 2005-11-12 18:00 | 旅行
An elegant light wrapped me up.
a0015189_18335347.jpg
石原さとみの静御前が好きでNHK大河ドラマの「義経」を毎週楽しみにしています。ついに讃岐の屋島を源義経勢に追われた平家一門は下関市の彦島に陣を構えたんですよ。それでね、あなたにも彦島を見て欲しくなってね。えへっ!ヒコットランド生まれの私としては、壇ノ浦の合戦までのこの2〜3週は絶対に見逃せないんです。それはそうと、有名な安徳帝に使えて身の回りのお世話をしていた橘姫と、怨念に満ちた人間の顔が甲羅に浮かぶヘイケガニの伝説などは、海士郷という彦島でもかなりの僻地での話だけにやって欲しいんだけど・・・無理だろうなぁ〜。
[PR]
# by marilyn_20 | 2005-08-22 20:09 | 映画・ドラマ
Our hopes have been completely met.
a0015189_121523100.jpg
夢が叶って宇宙に飛び出せたら微笑み輝くあなたに逢えるのでしょうか?夢の中でまた夢をみてしまうのは、いつまで経っても忘れられない思い出に一日中浸りながら有りもしない絵を描いているからでしょうか?あのね私にだって小さい頃文集に書いた夢があるんですよ。オリンピックの体操の選手になって金メダルを取るんだって堂々とのたまっています。実際、中学校の頃は遊び時間にバク転や大車輪の練習をしていたわけで、高校に入って真っ先に体操部に入るという意気込みなんか、自分でもたいしたもんだ想っています。でもその後すぐに身体が硬くって開脚時に筋を違え簡単に挫折しているのには笑えます。また夢の続きに「短歌や俳句を作りながら親孝行をして暮らしたい」なんて書いているのが、多少近い生活をしているものの親と離れて暮らしているし、あなたのように逢いたくても逢えなかった人の事を想うと何となく泣けてきます。ふ~っ、秋になったら帰ろうかな。
[PR]
# by marilyn_20 | 2005-08-21 13:24 | 映画・ドラマ