ブログトップ
カテゴリ:旅行( 6 )
Various expressions and a variety of personality.
a0015189_19242212.jpg
京都奧嵯峨の愛宕念仏寺(おたぎねんぶつじ)は個性的で表情豊かな千二百羅漢が迎えてくれます。特にね、五月の爽やかな新緑の頃はシャガの花に包まれて最高ですよ。でもね、魅力的なあなたを愛宕念仏寺に誘ったら、映画だったのかCMだったのかはっきりしないんだけど、偉いお坊さんがすれ違ったセクシーな女性に気を奪われ、立ち止まったまま「色即是空、色即是空・・・」と煩悩を振り払おうとしているカットになりそうですね。ほらほら周りの皆が、花束を持って微笑みかけて来たみたいですよ。それに右上の石仏さんはまるで、そんな皆に「色即是空」を唱えるよう戒しめていらっしゃるようです。でもそんなあなたも手に花束じゃあ、説得力はなさそうですね。あはっ。  地図はこちら→
[PR]
by marilyn_20 | 2006-05-06 19:38 | 旅行
The emerald pond is glittering.
a0015189_1236376.jpg
あなたと西フランスに旅行したのは・・・ちょうど2年前になりますか。訪れたモンサンミッシェルを私はお城だと想っていました。あのトンブ山の有名な修道院は世界遺産だったんですね、お恥ずかしい。あの修道院を建てたノルマンディ公といえば北欧からやってきたバイキングの末裔だそうです。以前訪れた北欧も良かったけど美しい田園風景の西フランスも最高ですね。そのノルマンディの東に位置する、クロード・モネが住んだ村ジベルニー、ついに来ちゃいましたね。晩酌しながら観ていた吸い込まれそうなくらい美しい緑の空間、まさにあの吉永小百合さんが出たシャープ/アクオスのCMそのものですね。私もせっかくのおフランスですから、あなたには着物でなく「萌〜」してもらってぇ、スケッチ!スケッチ! 地図はこちら→
[PR]
by marilyn_20 | 2006-04-22 13:05 | 旅行
The cherry blossom front is on the march.
a0015189_19151639.jpg
花粉なんか怖くないやい・・・そう言い聞かしてね、井手町の枝垂れ桜を見に行ったのね。この地蔵禅院の枝垂れ桜は与謝野晶子も詠ったあの有名な円山公園のと姉妹桜だそうですよ。樹齢約70年と言うから姥桜ですかね。それにしてもこの桜、TVやFMで紹介されていたから、平日だというのに観光バスまで出て大変な賑わいでした。駐車場も無いのに・・・。それに大きな三脚を担いだ爺カメラマンもたくさんだったし、この枝垂れ桜全体をバックに菜の花に包まれたあなたを撮るのは、ほ〜んと大変でしたね。  地図はこちら→
[PR]
by marilyn_20 | 2006-04-08 19:16 | 旅行
A chic, impressive and everlasting trend.
a0015189_19223130.jpg
急に寒くなった先日の雪の日、奥嵯峨はそうでもないのに岩倉辺りは5センチも積雪があったそうな。愛宕颪よりも比叡颪の方が厳しいのかな?左京区から右京区に引っ越して正解だったのかな?などと考えてしまうのです。岩倉を散策したあの日、漆黒の床に映える「床紅葉」の幽玄さに興奮気味のあなたは益々日本が好きになったことでしょうね。新緑の頃の「床緑」も見てみたい、そんな想いを抱かせる岩倉実相院門跡でしたね・・・。そういえばスピルバーグ製作の映画「さゆり」に出てくる日本庭園はサンフランシスコのものだとか、あなたは行ってみたいと想いますぅ〜う?
[PR]
by marilyn_20 | 2005-12-11 19:25 | 旅行
Profundity makes a grave atmosphere.
a0015189_15315776.jpg
どう?奥座敷から見る比叡山を借景にした「円通寺」のお庭・・・時間を忘れるでしょ。後水尾天皇の離宮跡だそうだけど、彼が各地を見て回って比叡山が一番美しく見えるこの地に創るのを決めたとか。素晴しいじゃないですか。でもねスピーカーから流れる重苦しい声の説明を聞くと、寺周辺の開発が許可されこの見事な借景の枯山水を眺められるのも後僅かだそうです。時代の流れと言われても悲しいもんですね。そうそう、庭のセンリョウ越しに紅葉を撮影したら、奇麗に撮れた1枚と同じアングルなのに大きなオーブが画面一杯に6つも写っていました。祀られている皇族方の御位牌も6つ程有ったような・・・。やはり悲しまれているんでしょうね。
[PR]
by marilyn_20 | 2005-12-10 15:38 | 旅行
I have lost my heart to autumn.
a0015189_17533623.jpg
このまえね、あまりに天気が良いものだから、紅葉をもとめて湖東安土町の「観音正寺」に行ったのよ。このお寺は西国第三十二番札所の霊場で石段が多くしんどかったけど、その分見晴らしは最高でね、昨年開眼されたという総白檀の「丈六千手観音」は2.6mも有って迫力満点でした。実は開創千四百年を記念して三十数年ぶりに公開された秘仏の磨崖仏というのが見たくてね、いそいそ林道を通って奥之院へ。高さ3m、幅2mの石窟の奥に五体の仏像が刻まれているらしいけど、暗くてよく見えないんです。備え付けの懐中電灯を使ってもよく見えない?!仕方ないからデジカメを持った手を伸ばしてパチリ、いけないことと知りながら覗き込んでパチリ。結局、「それらしい」で諦めましたが帰ってPCで見てもよく解らなかったのはとても残念です。でも数枚撮った写真の中に1枚だけオーブがはっきり写っていたのは嬉しかったな〜。
[PR]
by marilyn_20 | 2005-11-12 18:00 | 旅行